20060816

20060816-2 kenobi*133 通訳

フル代表。A代表。日本代表。
呼び方、どれかに統一しない?

さて。「通訳」について。

記者会見とかインタビューで、記者陣とオシム監督の会話がいまいちかみ合ってない気がするのは俺だけなんだろうか。
もちろん、オシム独特の答え方とか、マスコミの質問のレベルどうこうの問題もあるんだろうけど、実は記者の「ニュアンス」が、上手に監督に伝わってないのでは・・・と思うことがしばしば。

もしもそうだとすると、これは通訳の能力の問題だといわざるを得ない。あとは・・・記者の質問の言葉選びの問題もあるか。

通訳って、難しいと思う。言葉=文化だ。
例えば日本語の「好み」のような言葉のニュアンスを、そのままの意味で示す単語がセルビア語(?)にない場合もあると思う。逆の場合もありうるはずだ。
そのとき、しっかりと訳せるかどうか。

記者と監督の話ならばまだいい。
問題は選手と監督の場合だ。

もちろん、通訳だってプロだし、しかも、オシムには3人通訳がいるそう。
時間が経つにつれて解決の方向に向かう問題かもしれんが、この問題は結構重要なのではないだろうか。

その、オシムに付いた3人の通訳って言うのは、どうやって決まったんだろう。オシムがつれてきたのか、協会が派遣したのか。
そのへんがとても気になります。
この記事へのコメント
「最後というのは死ぬときの言葉だ」

…オシムがひねくれてるようにしか見えないんだけど。

Posted by フジ会館 at 2006年08月16日 07:44
>フジ会館 殿
オシムはジョークで言ったつもりだったんだと思うがね。
そのニュアンスが伝わってなかったり、インタビュアーのアナが萎縮しちゃうのも問題があると思うのよ。

サッカー番組なんだったら、もっといい質問して欲しいよね。

ま、オシムのマスコミ嫌い(もっとレベルを上げて欲しいと思ってるはず)も相当なもんだね。
Posted by dee at 2006年08月16日 09:25
マスコミが嫌いだったら、もっと適当な応対するんじゃないかなあ。

あれだけ丁寧に説明してくれるのは、
すごいサービス精神なんじゃないかと思うな。

選手も育て、Jリーグのチームも育て、協会も育て、マスコミも育てる。
「みんなで車を押さなければいけない」ってのを、
本気で実践してるんじゃなかろうか。
と、俺は思ってます。
Posted by sannma at 2006年08月18日 00:58
sannma殿

うん。言葉の使い方が不適切だったな。

今のマスコミの姿勢や質問内容にうんざりしていることは確かだと思うのだよ。

で、一番重要なのはきっと、その先にあるファン(やサッカーに詳しくない人も含めて)の目を育てようとしている事だね。

皮肉の使い方は上手いよね。
まあこれも、通訳がしっかりと訳せているのか疑問だけれど(笑)。
Posted by dee at 2006年08月18日 02:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

サッカー日本代表−オシム監督の言葉に迫る。通訳さんは大変です。
Excerpt: 今日の日記は野球がテーマではなく、サッカー日本代表をテーマにしています。 皆さんご存知のとおり、サッカー日本代表チームドイツW杯では期待されたように結果が出ず、その後も川淵氏がポロっと(または、わざと..
Weblog: プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog
Tracked: 2006-08-16 05:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。