20061001

20061001-kenobi*159 急ぎすぎずに、でも整理していこうかね。

付き合いが浅い人に自分の事を説明するのが苦手というか、得意ではない。
人見知りなのも関係しているとは思う。

俺が人にわかって欲しい事と、人が俺についてわかりたい事というのは、当然リンクしない事の方が多い。

だから、聞かれなければ言わない。無理にわかってもらおうとする必要はないや。

仕事の時とか、わかってもらう必要性を感じる場合もあるから、そういうときは頑張るけど、正直すごくつかれる。ストレスを感じる。

だれでも分け隔て無くって言うのは、今の俺には難しいな。
意識しているわけでは無いけど(そりゃそうだ)。
無意識のうちに、「この人には・・・・」とかいうのがあるんだろうな。


一方で、友人には甘えたがり。何も言わなくても分かってくれる友人には(それはさらけ出しの積み重ねの結果だと言う事も出来るが)何の心配も無く話せるし、わがままにもなるしね。調子にも乗るしね。怒ってもらいたくもなるし。


最近就職が決まって、そんな事を考えていたのですよ。
で、この場合、治す必要のある部分もあるが、案外誰でもそうなんだろうなと思う部分もあって。
とりあえず仕事では、いろんな意味で損にならない程度にしよう、と。

結局ここでも、友人の存在の大きさに改めて感謝する結果に。

なんでこんなに前向きになってるんだろう。ちょっとむかつくなあ(笑)。
この記事へのコメント
誰にでも分け隔てなくって、
逆に無理だよー!!って思う。
立場やその人の性格によって
付き合い方それぞれのが当たり前だよーって思う。
よく中学生のときに「人によって態度違うよね」とか
言われたりしたけど、逆にそっちのほうが
当たり前じゃーとか最近になって思ったりー。


だからって、アキクラで私は
わがまますぎかもしれないけどー(笑
Posted by 雪 at 2006年10月02日 23:51
>雪

そうだよな。誰にでも、なぁんて無理な話だよ。
そうじゃない人は逆に八方美人なんて呼ばれたりするのがオチなんだよ。

いんや、あの場では全員がわがままです(笑)。

Posted by dee at 2006年10月03日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。