20061008

20061008-kenobi*163 み

みなとのみ。
みらいのみ。

街にも建物内部にも閉塞感が無い。
しかも上空には抜けるような青空が広がり、どこを切り取っても青だけ。

万葉の湯は、スーパー「スーパー銭湯」と言う感じで、本当にくつろげた。

がんばって、この街に近い土地に住めるようになりたいとちょっと思った。

昨日の話じゃないが、その頃には美味しい店に1人で行っても食事を楽しめるようになっていられればいいなあ。
この記事へのコメント
万葉の湯のお魚が足のよごれをチョンチョンしてくれるやつ行きたいスなぁ・・・

あたしも早く横浜に帰りたいと思う今日このごろ・・・

ただ、実家に帰るのはいやというw
Posted by ちゅー姫 at 2006年10月09日 10:51
>ちゅー姫

超ウルトラスーパー銭湯だった。
利益のために投資を惜しまない感じがいいね。
お魚のやつ(名前は知らないけどわかる)もあるんだ?
でも俺がやると、すね毛をむしられそうで怖いわ(笑)

実家が近いのは羨ましいもんだぞ。
俺も長野だからそう遠くはないけれど、「あ、今日帰ろう」って感じで帰れるわけじゃないからね。

実家で果物が出てくると、「実家っていいなあ」と思う・・・と、昨日も話してました。
Posted by dee at 2006年10月09日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。